Skip to content

FREEWHEELERS
5 POCKET JEANS 1956 MODEL
ONE WASH MODEL

¥24,000
Size
   (A)  (B)  (D)  (E)  (F)
W28 72 cm 30 cm 25 cm 18 cm 87 cm
W29 75 31 26 18.5 87
W30 77 32 27 19 87
W31 79 33 27 20 87
W32 81 34.5 28 20.5 87
W33 84 36 30 21 87
W34 88 36.5 30 21.5 87
W36 92 37 32 22 87
W38 98 38 32 22 87


Lot No. 2222015

1950年代のアメリカは経済成長期であり黄金時代と呼ばれる時代。
モーテルやドライブイン映画館を含む新しい消費者の喜びの配列を可能にするのに役立つ、州間高速道路システムの建設のために政府が320億ドルを承認した1956年は経済が順調に進んでいくなかで、サービス部門に従事する労働者が増え、ホワイトカラーと呼ばれる非肉体労働者の管理職の人々が国の歴史の中で、初めて労働者(ブルーカラー)を上回り、アメリカを世界初の「ポストインダストリアル」社会へ、つまり世界の中心産業が工業からサービス業へ移行した年でもある。
このような時代背景の中、戦後に普及したテレビドラマなどの影響もあって次第に社会のステレオタイプが形作られ、拡散していったのだ。
こういった社会の変化の中で、抑圧的で非人間的な当時の社会を批判し、それに反抗する新たな価値観を体現しようとした芸術的・文化的な革新も高まっていくことになる。
スクリーンからは、ジェームス・ディーンやマーロン・ブランド若者たちの熱狂的な支持を受け、彼らが着用するウエストオーバーオールズは同時に、反抗のシンボルとして悩める新しい世代に浸透していった。
従来、労働するための服であったはずのウエストオーバーオールズはこうして、若い世代と密接に関係するようになり、彼らはそれをジーンズと呼ぶようになっていったのだ。
1956年、東部の若者たちに向けて初めて労働者からスタイリッシュなデニムパンツを発売したのだ。
膝から下に向かって細身のラインのスタイリッシュなシルエットで製造されたデニムパンツは、 こうしてジーンズは、若者たちの反抗の象徴としてのレッテルを貼られつつも、労働する服から主張する服へとその姿を変えていくのだった。

シルエットは、XXらしい無骨さを残しながらも、膝から下が細く1951年モデルより更に洗練された印象のデニムパンツです。
タテ落ち感は、ネップが絡んだとても自然なもので、わざとらしさは無く程良く綾立ちとザラつき感がある14ozのデニム生地を使用しています。


■1951年モデルと織り糸、織り方は同様のデニムを使用しているので、青みの強いインディゴ染めになっているのが特徴です。
■1951年モデルと比べて、股上が浅くなり膝から下のシルエットがすっきりと細身、ヒップポケットが少し大きめの作りということが違いです。
■錆止めを施したボタントップ、センター留めのベルトループ、バックポケットの両面のレーヨン赤タブ・・・こだわりのディテールはフリーホイーラーズの世界観を物語る逸品に仕上がっております。
■ウォッシュ加工商品。

素材:100% COTTON
すそ仕上げ:チェーンステッチ
レングス:32″ (実寸は、34″です)
生産国:日本

モデル着用サイズ:W32 身長175cm 体重72kg
いつもフリーホイーラーズ製品のパンツは、W32インチを着用しています。
着用写真は、裾を3回ロールアップしています。
本製品もいつもどおりW32インチでジャストフィットです。
他のブランド製品のジーンズもW32インチを着用しています。ぜひ、参考にしてみて下さい。トップスはLサイズです。

【サイズの参考例】
スタッフ A:身長 168cm 体重 60kg W30 を選びます。
スタッフ B:身長 180cm 体重 82kg W34 を選びます。

サイズは実寸ですが、ウォッシュ加工商品のため、多少の個体差が生じる場合もございます。目安とお考え下さい。