コンテンツにスキップ

NIGEL CABOURN
LINEN BEANIE
CHARCOAL GRAY
MAIN LINE

¥9,500
Color

Lot No. 8044-00-66310

2022年ハイサマーコレクションのリネン素材のニットキャップが登場です。
ベトナム戦争は報道機関によるライブでの戦争のテレビ放送が行われており、早期に終戦となるはずのアメリカ率いる南ベトナム側は苦戦を強いられました。その現状がテレビを通して国民に伝わり、反戦感情をあおり、ベトナム反戦運動に代表されるカウンターカルチャーのムーブメントがおこり、その後のヒッピーやウッドストックなどの1960年代の社会運動がおこることになりました。
2022年ハイサマーコレクションは、反戦運動のきっかけとなった情報源のひとつであるテレビに着目しました。開戦年の1965年当時のアメリカで普及しているテレビの色割合は白黒テレビ=93.7%(約5260万台)に対してカラーテレビは6.3%(約330万台)だったようです。
このデータからも当時はほぼ白黒(モノトーン)テレビでベトナム戦争の報道をみており、反戦意識が生まれ、平和を願う人々がいたことになります。
よって「モノトーン」=「平和への感知」と捉え、2022年ハイサマーコレクションのカラーとし構成したコレクションです。


■素材は、程よい厚さに編まれたフレンチリネンのニット素材を採用。
フレンチリネンは古くから高い品質を誇りますが、この高い品質のリネンと河、水は切っても切れない密接な関係があります。
麻製品を製造する工程は繊維を刈り取り、水につけてふやかし発酵、そして繊維を取り出すという流れです。そのため、綺麗な河が流れているということは、良質なリネンを作る際に大事な条件となります。
アルプス山脈からの清純で豊かな多くの河のおかげで、フランスでは麻栽培の技術、糸や織物に仕上げる技術が成熟したのです。
ドライタッチな生地感で、暑い季節にも快適に着用して頂けます。
■アメリカ海軍が運用していた、ヴィンテージのキャップをベースにしたデザインです。ロールアップすることで、逆さになったネームタグや被りが浅い作りは、ヴィンテージを忠実に再現した仕様です。
■被りの浅い、シンプルなデザインで様々なコーディネートに取り入れやすいニットキャップです。ネームタグをお好みの位置にして被ってお楽しみください。
■ウォッシュ加工商品


素材:100% LINEN
サイズ:FREE
カラー:CHARCOAL GRAY (1-121)
生産国:日本



【お手入れ方法】
自宅でのお手入れは、ニット製品が洗える中性洗剤を使用し手洗いをして下さい。
一般的な「おしゃれ着洗い」の洗剤などがお勧めです。または専門店でドライクリーニングをお勧めします。縮みや型崩れを防げます。