コンテンツにスキップ

THE CORONA UTILITY
(SIZE:W30-W34)
AGGRESSOR SLACKS
M-51 BACK SATIN
OLIVE DRAB

¥24,800
Size

(A) (B) (D) (E) (F)
W30 78 cm 35 cm 32 cm 20 cm 64 cm
W32 84 36 33 21 67
W34 88 37 34 22 69



Lot No. FP005-20-01-21SS


THE CORONA UTILITYは、あらゆる機能服=ワークウエア、ミリタリー・ユニフォーム、アウトドア・スポーツウエアなどのディテールやその機能性の全てを駆使して作り上げていく独自のユーティリティ・ウエアを展開し、工業的な縫製と質実剛健で味のある機能素材を主に使い、”服は自分のライフスタイルの一部と考える”すべての人達に向けて提案し続けています。
その中でもCORONA FATIGUE SLACKSは、1930年から1970年代の米軍のファティーグパンツが基となる、ミリタリーに特化したボトムスのブランドです。
デザイン性はもとより、軍パンの質実剛健で実用的な特徴を取り入れ、ブランド独自の生地提案で 日常着でありながらワンランク上のファティーグパンツへとアップデートさせ、普遍的でモダンなユーティリティーウェアとして再構築しています。

■1950年代の米軍の軍事演習用であるアグレッサーユニフォーム(仮想敵国ユニフォーム)のパンツを基に作られたアイテムで、M-51フィールドトラウザーズのサイドカーゴポケットを省き、前後パッチポケットにしたシンプルなデザインで、CORONA FATIGUE SLACKSの中で最も太いシルエットです。
■生地はミリタリーパンツの代表的な素材のひとつ、バックサテン生地を使用。M-51フィードトラウザースで使用されていたバックサテンを再現した生地です。通常、サテン生地は経糸が表面に多く現れますが、裏使いするとムラ感のある緯糸が目立つのが特徴です。程良く肉厚なしっかりした素材で、いかにもミリタリーのバックサテンといった無骨な雰囲気です。また、スレン染料と呼ばれる石炭由来の染料で染めているため、比較的色落ちしにくく、経年変化も楽しみです。
■膝に2本のタックが入る立体的なシルエットで、後ろ身頃のバランスがやや大きいとてもリラックスできる穿き心地です。
■フロントはジップフライ仕様で、ウエストの左右にはアジャスターが付いていますので、ある程度のサイズ調整が可能です。
■裾の内側にはドローコードが付いていますので、絞ってシルエットを変えて着用することも出来ます。
■ウォッシュ加工商品。

素材:100% COTTON 
カラー:OLIVE DRAB
生産国:日本

※モデル着用サイズ:M(W32) 身長 175cm 体重 72kg
どのブランド製品のボトムもW32インチを着用しています。本製品はサイズMでジャストフィットです。
また、どのブランド製品もトップスはほとんどLサイズを着用します。ぜひ、参考にしてみて下さい。

【サイズの参考例】
・スタッフ A:身長 180cm 体重 82kg L を選びます。
・スタッフ B:身長 168cm 体重 60kg S を選びます。

※サイズは実寸ですが、ウォッシュ加工商品のため、多少の個体差が生じる場合もございます。目安とお考え下さい。